厄除け

厄年の年齢はちょうど肉体的な変調をきたしやすく、家庭的にも対社会的にも転機を迎えやすい時期で、 古来、災難が多く慎むべき年とされています。厄払いは厄年にあたった人が神社に参詣して、厄除けのお祓いを受け、災難から身を護ろうとするものです。

厄年の「厄」は、神様にお仕えする「役」で、「役年」の意味で使われる場合もあり、厄年を迎えることは地域社会において一定の地位と役割を持つことを意味し、 神社のお祭りや神事に多く携わる事も意味していました。その為、還暦などと同様の晴れの歳でもあり、 地域によっては厄年の際に神棚を新しくされるなどの神様に関わる事を行われます。

厄除けの種類

前厄(まえやく)・本厄(ほんやく)・後厄(あとやく)・廻り年(まわりどし) 祈願

「前厄」・「本厄」・「後厄」は年齢により巡ってくる厄年であり、数え年で、「本厄」は男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・61歳、「前厄」はその前年、男性が24歳・41歳・60歳、女性が18歳・32歳・60歳、「後厄」はその後年、男性が26歳・43歳・62歳、女性が20歳・34歳・62歳、の方がそれぞれの厄年に当たります。この三年間の厄年では一般的に「本厄」が最も重いというイメージがありますが、本来は三年間の厄年として同じくらい運気が下がる大厄といわれています。 また「廻り年」とは12年に1度必ず迎える生まれ年(自分の干支の年)のことで、年男・年女として男女共通の厄年に当たる小厄とされています。但し、還暦(数え年で61歳)と男性の25歳(数え年)は三年間の厄年の「本厄」の年に当たります。


令和2年 厄年早見表

厄年の年齢は「数え年」です。数え年は、生まれた時がすでに1歳であり、元日(旧暦)で1つ歳を取る計算をします。その年の誕生日前であれば実際の年齢に2つ、後であれば1つ加えた年齢となります。

 
前厄 本厄(太字は大厄) 後厄
男性 平成9年生
(数え24歳)
うし
平成8年生
(数え25歳)
ねずみ
平成7年生
(数え26歳)
いのしし
昭和55年生
(数え41歳)
さる
昭和54年生
(数え42歳)
ひつじ
昭和53年生
(数え43歳)
うま
昭和36年生
(数え60歳)
うし
昭和35年生
(数え61歳)
ねずみ
昭和34年生
(数え62歳)
いのしし
女性 平成15年生
(数え18歳)
ひつじ
平成14年生
(数え19歳)
うま
平成13年生
(数え20歳)
へび
平成元年生
(数え32歳)
へび
昭和63年生
(数え33歳)
たつ
昭和62年生
(数え34歳)
うさぎ
昭和36年生
(数え60歳)
うし
昭和35年生
(数え61歳)
ねずみ
昭和34年生
(数え62歳)
いのしし